糸リフトを考えている方へ、施術終了までの一連の流れを解説いたします。

TOP



糸リフト施術の流れ

糸リフトの説明をする人

小顔プチ整形の中でも即効性があり、効果持続期間も長めの糸リフト。
人気の施術の一つですが、初めて糸リフトを受ける方にとっては、当日どのような流れで施術が行われるのか心配ですよね。

そこで、こちらのページでは施術を検討している方に向けて予約からアフタフォローまでの一連の流れを掲載しています。
当日に持参したほうが良いもの気をつけるポイントもご紹介しているので、参考までにご覧ください。

予約~施術後までの一連の流れ

医療用の糸を使用した小顔プチ整形“糸リフト”は、どのような流れで施術を行うのでしょうか?
予約の段階からみていきましょう。

まずは予約から
クリニックのWeb予約

多くのクリニックが電話・ウェブ・メールで予約を受け付けています。
飛び込みで行って当日空きがあれば施術してもらえるケースもありますが、できるだけ事前に予約しておくことをおすすめします。
また、モニターを随時募集しているクリニックも多数あります。条件次第でお得な価格で施術を受けられる可能性も!事前に公式サイトをチェックしておくと良いでしょう。

来院・問診票の記入
糸リフト施術前の問診

カウンセリング前に問診票の記載が必要な場合もあります。
以前にリフトアップの施術を受けたことはあるか、エステサロンで治療を受けたことがあるかなど、アンケート形式で答えていきます。

カウンセリング
カウンセリングで相談に乗る医師

カウンセリングは無料で行ってくれるクリニックが多いですが、カウンセリング料かかるところもあります。
医師にたるみ具合やバランスを診てもらいながら、使用する糸の種類や本数を決めていきます。
糸リフトは入れる本数によって、顔の引きつり具合やダウンタイムの長さが大きく変わる場合が多いです。
休みを取れる日数などを考慮し、医師としっかり相談した上で決定すると良いでしょう。

カウンセリング内容例

  • 気になるポイントの把握(たるみ、左右差)
  • 施術メニューの選定(糸の種類、本数)
  • 麻酔方法について(表面麻酔、笑気麻酔など)
  • 体質、アレルギーのチェック

支払い方法の説明・支払い
糸リフト料金の支払い

当日施術の場合
現金やクレジット、ローンなどクリニックによって様々な支払い方法を選ぶことができます。
複数の方法を併用できる場合もあるので、無理のない支払い手段を選びましょう。

後日施術の場合
カウンセラーと話し合い、施術日を確定。支払いは、当日のカウンセリング後に行います。

準備・施術開始
糸リフト施術の準備

担当医師とデザインや糸の本数などを再確認しながら準備を進めていきます。
麻酔はクリニックによって種類を選べる場合もあるので、痛みに弱い方は事前に相談してみると良いでしょう。
施術自体は15~30分ほどで終了。
施術後は、5~10分ほど施術部分に保冷剤を当ててアイシングを行う場合もあります。

施術終了・帰宅
基礎化粧品の揃ったパウダールーム

糸リフトの場合、基本的に針を挿れた部位以外はメイク可能です。
女性向けにパウダールームが完備されているクリニックもあります。
万が一、腫れや痛みでメイクができない状態が起こることを想定して、マスク帽子を持っていくと良いでしょう。

アフターケア
安心のアフターケア体制

プチ整形の施術は、基本的に日帰りになります。
帰宅する前に、施術後の過ごし方や注意点について説明してくれることが多いです。
帰宅後に不安なことや気になることが出てきた場合でも、遠慮せず電話などでクリニックに問い合わせをしてみると良いでしょう。

メイクはいつ落せばいいの?

糸リフトを受ける準備をする女性

糸リフトを受ける際、どのタイミングでお化粧を落とせば良いか気になるのではないでしょうか?
例として3つのクリニックの対応をご紹介します。

Aクリニック

施術前に顔全体のメイクを落としてください。洗顔はクリニック内にて可能です。

Bクリニック

当日はメイクをしてきても構いません。カウンセリング後、クレンジングと洗顔を行い、メイクや皮脂をしっかり落としていただきます。

Cクリニック

麻酔クリームを塗布する前に、メイクや汚れなどを落としていただきます。施術後はメイクをしてお帰りいただけます。

“メイクはカウンセリン後、施術前にオフする”というクリニックが多いようです。
クレンジングや洗顔料を用意しているクリニックもありますが、「いつも使っているものじゃないと肌が荒れる」「こだわりがある」という方は、普段使用しているものを持参すると良いでしょう。

まとめ

糸リフト体験者のイメージ

施術までの流れはクリニックや担当医師により異なります。
気になることや不安なことがある場合は、予めクリニックに問い合わせてみたり、ネットで調べてみたりしておくと良いでしょう。

また、糸リフトは麻酔を使用するため、施術後の運転を禁止としているクリニックが多いです。
施術当日は、公共交通機関を使用したり付き添いの方に送り迎えを頼んだりしましょう。