術後の経過やバレる確率は?小顔プチ整形を考えている方は必見です!

TOP



小顔プチ整形はバレる?

小顔プチ整形をした女性

小顔プチ整形を考えたときに、悩みの種となるのが 周囲の人に“バレるかどうか”という問題。
知り合いや友達に気づかれたくないという気持ちが勝ってしまい、なかなか一歩踏み出せない方もいるかと思います。

メスを使用しないプチ整形は、どのくらいバレてしまう可能性があるのか、各メニューの術後の様子やダウンタイムなどから考察します。
術後、腫れや内出血が出てしまった時の隠し方もご紹介しているので、プチ整形を受けるかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

整形がバレてしまう理由

整形に気づかれないかを心配する女性

整形は周囲にバレてしまうというイメージがありますが、バレてしまう理由は大きく分けて3つあります。
整形とプチ整形ではバレやすさが異なりますので、比較しながら見てみましょう。

腫れや内出血

肌が薄い人は麻酔で腫れてしまったり、色が白い人は内出血が出てしまったりする可能性があります。
プチ整形はメスを使用しないため、比較的症状が出にくいです。

今までと大きく見た目が変わる

整形は骨を削ったり脂肪を取り除いたりするため、変化に即効性があり周囲に気づかれる可能性が高いです。
一方、効果が見た目に現われるまで時間がかかる小顔プチ整形は、緩やかな変化なのでバレる可能性は低いと言えるでしょう。

目安:ボトックス注射は2週間程度、ハイフは1~2ヶ月程度

傷の跡がある

メスを使用する整形は皮膚を切るため、数日間傷が残ってしまうことが多いです。
一方で、注射や超音波を使用して施術を行うプチ整形は、傷ができてしまうことはほとんどありません。

このように、整形はダウンタイムの問題や大きな変貌を遂げることでバレてしまう可能性が高いですが、それに比べてプチ整形はバレてしまうリスクが低いと言えます。

小顔プチ整形の術後の様子

バレてしまう理由の一つに“術後の状態”がありましたが、小顔のプチ整形の施術直後は腫れたりアザができたりするのでしょうか?
注射、糸リフト、マシンについて、それぞれ見てみましょう。
メイクがいつからできるのかなども一緒にまとめました。

術後の様子 ダウン
タイム
メイク
注射アイコン小顔
注射
※1
  • 注射を打ってしばらくは、顔の筋肉が動きづらくなる可能性がある(日常生活にはほとんど支障はない)

  • 細い針を使用することが多いため、腫れや内出血が起こりにくい

  • 注射液の水分により、皮膚の薄い人は腫れが目立つように感じる場合もある

1週間程度 施術直後
からOK
糸アイコン
リフト
  • 挿入する本数や範囲によるが、大きく腫れる可能性は低い

  • 術後3日間ほどは、麻酔によるむくみが出る場合がある

  • 数日間は糸を挿入した部分に赤みや内出血が出る可能性がある

1~2週間
程度
翌日からOK
マシンアイコンマシン
※2
  • 術後30分~1時間程は、軽度の赤み、ほてる感じがある

  • しばらくむくみや痛みを感じる場合がある

  • 顔に脂肪が多い方は腫れやすい

1~2週間
程度
直後からOK

※1 ボツリヌス注射、脂肪溶解注射
※2 ハイフ(超音波)、高周波(RF)

プチ整形はメスを使用しないということもあり、1~2週間程度とダウンタイムが短めで症状も軽度です。
術後、すぐにメイクができるものがほとんどなので、お化粧などでうまく隠せば、周囲に気づかれずに済むでしょう。

バレないための対策

切らない小顔整形の術後の症状は比較的軽度である可能性が高いですが、万が一、症状が強く出てしまった場合の対策をご紹介いたします。

マスクを装着する
施術直後の変化を隠すマスク

マスクを付けることで、目から下の部分を隠すことができます。
普段マスクを全くしなという方は「風邪気味」「花粉症がひどい」など、不自然に思われない理由も考えておくと安心です。

メイクで隠す
術後の赤みをカバーするメイク用品

小顔プチ整形の場合、術後すぐにメイクできるケースが多いです。
ファンデーションをいつもより厚めに塗ったり、気になる部分にコンシーラーを塗ったりすることで、内出血や赤みをカバーすることができます。

言い訳を考える
言い訳を考える人

顔が腫れてしまったときに、一番使える理由が「親知らずの抜歯」。
個人差はあるものの、一般的に3日~1週間ほど腫れると言われています。
「顎変形症の手術」も口実として使えるので、誰にもバレたくない場合はこのような言い訳を考えておくと良いでしょう。

タイミングを考える
小顔プチ整形のスケジュール

人に会わなければ会わないほど、バレてしまう可能性も低くなりますよね!
学生の方であれば「長期休暇に入る前」「卒業後すぐ」、社会人の場合は「職場を辞めた時」などのタイミングで、施術を受けると良いでしょう。

まとめ

小顔プチ整形はダウンタイムが短く、傷もできにくい施術が多いです。
メスを使用する整形に比べると、圧倒的にバレにくいと言えます。
しかし、気づかれる可能性はゼロではないことを頭に入れておきましょう。

ここまで周囲に気付かれないための手段をお伝えしてきましたが、“プチ整形=悪いこと”ではありません。
美しくなるための素晴らしい努力です!
「カミングアウトして新しい気持ちで再スタート」というのも、選択の一つかもしれませんね。