Q-Yagレーザー

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > Q-Yagレーザー

Q-Yagレーザー

シミは皮膚内にメラニン色素がたまる事で現れます。通常、お肌の細胞は28日で生まれ変わり、同時にメラニンも皮膚表面に押し上げられ排出されますが、このターンオーバーが正常に行われないと様々な肌トラブルが起こります。
肝斑は、女性ホルモンのアンバランスや擦りすぎなどの刺激が原因で、お顔に左右対称にモヤッとしたシミが出来ることが多いです。
肝斑の場合、レーザーを当てることでメラノサイトが活性化され悪化してしまうことがあり、レーザー治療を行えませんでしたが、それを可能にしたのがレーザートーニング(Q-YAGレーザー)です。

治療目的

シミ、そばかす、肝斑、ADM、刺青の除去

治療内容

ご希望の箇所にレーザーをあて治療していきます。

レーザーによるシミ治療はメラニン色素のみ反応し、シミやそばかすなどを除去していきます。
当クリニックに導入しているレーザーは532nmと1064nmの2つの波長を兼ね備えています。
表在性のシミやそばかすには比較的浅い層に反応する532nmの波長レーザーを使用し、ADM、刺青、あざ、色素沈着には比較的深い層に反応する1064nmの波長レーザーを使用していきます。

シミ、ソバカス、ADMなどピンポイントの色素に対しては、70〜80%は一回で除去できます。また、肝斑や色素沈着には1064nmの波長で低出力できて治療していくことが良いとされています。
特に肝斑治療にはレーザー以外にのみ薬(ビタミンC、トラネキサ酸)、塗り薬(ハイドロキノン、トレチノイン)を併用された方がよいでしょう。

症例写真

Before

After

Before

After

術後の経過

レーザー照射直後は一時的に軽い火傷をした状態になります。そのため1〜2日は赤みやピリピリ感がでることがありますが、軟膏を塗布して、10日テープを貼り付けしていただくため、多くは問題なく経過します。

肝斑や色素沈着は1064nmのレーザーを低出力で当てるレーザートーニングという施術になります。532nmのレーザーに比べてマイルドな当て方になるため、軟膏やテープの必要はありません。

料金表

Q-ヤグ:レーザートーニング トライアル 1回 9000 5000
(お顔全体) 2回目以降 1回 15000 10000
5回 67500 45000
10回 120000 80000
20回 210000 140000

痛みに弱い方やご不安な方には別途料金で麻酔クリームをご用意しております。


PAGE TOP