レーザー治療、ライムライト(Limelight)とは?

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > ライムライト(Limelight)とは?その効果について徹底解説!

ライムライト(Limelight)とは?その効果について徹底解説!

ライムライトとは?

ライムライトは光治療器(IPL)になります。IPLとはIntense Pulsed Lightのことで、コンピューターでコントロールすることによって強力な可視光線を照射する治療方法のことを言います。

ライムライトは、キュテラ社によって開発された全く新しいタイプのIPL治療器になります。

従来のIPL治療器は、日本人の肌の色は肌質ではなく欧米人の肌の色や肌質に合わせて開発されたものです。そのため、日本人の肌の色や肌質では効果があまり現れなかったり、肌にダメージを与えてしまったりすることがありました。

しかし、ライムライトは日本人の肌の色や肌質に合わせて開発・生産されました。そのため、肌に必要のないダメージを与えることなく、高い効果を得ることが可能になっています。

さらに、ライムライトでは、従来のレーザー治療器に比べて照射の時に感じる痛みも大幅に少なくなっています。

また、ライムライトで照射することが可能な光エネルギーの波長は520〜1,100nmと大変幅広いため、応用範囲が広いという特徴があります。

ライムライトの効果

それでは、ライムライトを使うことでどんな効果が期待出来るのでしょうか?早速みてみることにしましょう。

ライムライトの光を肌に照射すると、光エネルギーが熱エネルギーに変わります。熱エネルギーがターゲットとしているメラニン色素に伝わって、メラニン色素を壊して行くことになります。この仕組みによって、シミやそばかす、くすみが軽減される作用があります。また、熱エネルギーは真皮深層の毛細血管内にあるヘモグロビンにも伝わることによって、赤ら顔を軽減することになります。

そして、表皮を通り過ぎた熱エネルギーはさらに深い組織まで届いて、コラーゲン繊維の機能がより活発になります。それによって肌のハリが増し、シワやたるみの軽減が期待出来ます。

また、ライムライトの効果は、照射後7〜10日経ってから現れることになります。照射して直ぐの時には、シミが肌の表面に現れて来てしまうため、シミが濃くなってしまったように感じますが、7〜10日後にシミの部分がはがれ落ちてキレイな肌が現れます。

ライムライトのメリット・デメリット

ライムライトのメリットとデメリットについて確認しておくことにしましょう。

まずは、ライムライトのメリットについてチェックしてみることにしましょう。ライムライトのメリットとして改善対象の広さを上げることが出来ます。例えば、くすみが気になっている人で肝斑や赤ら顔も同時に改善したいと思っている場合、同時に改善することが期待出来ます。

もう一つのメリットとして、ダウンタイムや炎症後の色素沈着がほとんど起こらない点をあげることが出来ます。施術後、赤くなってしまうことに抵抗のある方や、仕事で休みを取ることが難しい方に向いている方法と言えます。

また、照射の痛みもレーザー治療と比較すると大幅に軽減されています。

それでは、ライムライトのデメリットについて確認してみましょう。

ライムライトは、徐々にシミやソバカスを薄くしていくという方法のため、5回前後の施術が必要になります。これに対してレーザー治療の場合は1回で改善することが可能です。

つまり、ライムライトのデメリットとして、レーザー治療に比べて改善する

ライムライトの施術は大阪心斎橋のフレイヤビューティークリニックへ

ライムライトの特徴についてお伝えして来ましたが、ライムライトによる施術をお考えの方は是非、大阪心斎橋のフレイヤビューティークリニックにお任せ下さい。

フレイヤビューティークリニックでは、ライムライトに「フレイヤオリジナル高級パック」や「フェイシャルマッサージ」を組み合わせたメニューもご用意しています。

取りあえずは試してみたいと思っている方向けに、とてもリーズナブルなトライアル価格が設定されていますので、お気軽に試して頂くことが可能です。

また、フレイヤビューティークリニックは、エステサロンと異なり医師による診療を受けることが出来ますので、安心して施術を受けることが出来ます。

フレイヤビューティークリニックは、大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分のところにありますので通うのにも大変便利です。


PAGE TOP