二重切開手術のダウンタイムってどのくらい?

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 二重切開手術のダウンタイムってどのくらい?

二重切開手術のダウンタイムってどのくらい?

そもそもダウンタイムって何?

美容関係の施術をチェックしていると必ずと言ってよいほど「ダウンタイム」という言葉を耳にしたり目にしたりします。

ダウンタイムの元々の意味は「中断時間」や「休止時間」という意味なのですが、IT関係でも使われることの多い言葉になります。

美容関係では、少し意味合いが違っています。施術を行なったことによって、腫れや、痛み、内出血などが収まって落ち着いて普段の生活を送ることが出来るようになるために必要な時間になります。

ドクターによると、この期間は身体の負担が回復するために必要な時間であると同時に、施術の仕上がり度を決定する大切な期間ですので、そのことを踏まえて自分の身体と心身のメンテナンス期間として捉えて過ごすことが重要とのことです。

二重切開手術のダウンタイムはどのくらい?

パッチリ二重に憧れてはいても、それを手に入れるために乗り越えなければならない試練としてダウンタイムは気になりますよね。それでは、二重切開手術を受けた場合のダウンタイムについてドクターに確認しましたのでお伝えします。

二重切開手術として全切開を行なった場合、かなりの腫れが1週間程度続いてしまうことになります。その間化膿止めや必要に応じて鎮痛剤を服用することになります。

抜糸が必要なケースの場合、抜糸のために術後数日〜1週間後に通院する必要があります。

また、施術中にまぶたの血管が傷ついてしまうことによって、内出血が起こってしまうケースが多く見られます。ただ、この内出血の度合いは、医師の技術力と患者の体質に依存する部分があります。内出血が落ち着くのには2週間前後必要になるそうです。

そのため、お仕事がある方は長期休暇を取得することが出来る期間に施術を受けられるようにする方が良いでしょう。メイクなどでカバーすることが出来るようになるのに2週間は見ておいた方が安全です。

術後、望んだ二重のラインが完成するのにはおよそ3ヶ月〜6ヶ月の期間が必要とのことです。

また、全切開を行なうための長期休暇を取得することが難しい方や、ダウンタイムを短くしたい方は、ミニ切開(部分切開)も検討してみることをおすすめします。まぶたの状態によってはミニ切開(部分切開)でご希望の二重を実現することが可能な場合もあるそうです。

二重整形をしたことを他の人にばれないために。

二重整形を行なって、思い通りの二重を手に入れることが出来ても、他の人に整形したことがばれたくないと思っている人は多いのではないでしょうか?

二重の整形をしたことがばれないためには、施術前からあなたがなりたいと思う二重を、メイクなどを工夫して他の人にアピールしておくことが大切になります。

長期休暇後、いきなりパッチリ二重で会社や学校に行ったら目立ち過ぎて不自然ですよね。

そうならないためにも、二重切開手術をしようと思った時から徐々にアイメイクに力を入れて行けばより自然な形で、パッチリ二重が当たり前という状態に持って行けます。

また、腫れや内出血などが残っているときに仕事などに行かなくても良いように、想定しているダウンタイム期間よりも少し長めに休暇を取得しておくことも重要なポイントになります。腫れや内出血などが残ったままでは、整形手術をしたことがすぐにばれてしまいますので…。

心斎橋で二重切開手術ならフレイヤビューティークリニックへ

大阪近郊にお住まいの方で二重切開手術を受けてみたいと思っている方は、フレイヤビューティークリニックにご相談下さい。

当クリニックでは、あなたのご希望を丁寧にジックリと時間をかけてお伺いし、あなたが思い描いている美しい二重を実現するために全力でバックアップさせて頂くことが可能です。フレイヤビューティークリニックには、あなたのご要望にお応えすることが出来るための十分な経験と実績があります。

また、二重切開手術は完成するまでにおよそ3ヶ月〜6ヶ月という長い期間が必要になります。その期間ご満足頂ける仕上がりになるためのサポート体制も整えておりますので、安心して美しさを手に入れるための期間として過ごして頂くことが出来ます。

心斎橋・なんば駅から徒歩5分という多変便利な場所にありますので、術後の通院もとても便利です。是非、フレイヤビューティークリニックにあなたの美しさをアップするお手伝いをさせて下さい。


PAGE TOP