眼瞼下垂切開術もフレイヤビューティークリニックへ

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 眼瞼下垂切開術

眼瞼下垂切開術

治療目的

加齢による挙筋(瞼を挙上する筋肉)の機能が低下することによってまぶたに皮膚が落ちてきて、視野が狭くなります。また、パッチリ二重を希望しているが、腫れぼったい方には切開をオススメします。

治療内容

希望の二重ラインに沿って切開し、挙筋結膜を瞼板(軟骨組織)に固定します。
その方の希望と症状に応じて、タッキング法と前転法を選んでいきます。たるみの強い方は同時に余分な皮膚を必要な分切除していきます。両目で一時間程度で終了します。

術後の経過について

強い腫れやむくみは2〜3日間がピークで1〜2週間で徐々におちついていきます。違和感なども含めると約1ヶ月で完成となります。
傷跡は2−3ヶ月は赤いですが、その後徐々に白い線へと変化していき半年ほどでほとんど目立たくなります。術後1週間後に抜糸します。

生活上の注意点

①目の周りのお化粧(アイメイクやエクステ)・コンタクトは一週間は控えて下さい。
②入浴は3日間控えて下さい。
③お酒は1週間控えて下さい。

生活上の注意点

①目の周りのお化粧(アイメイクやエクステ)・コンタクトは一週間は控えて下さい。
②入浴は3日間控えて下さい。
③お酒は1週間控えて下さい。

料金表

・眼瞼下垂切開法
片目 500,000、両目 700,000

※ご希望のお客様には静脈麻酔(眠る麻酔)もご用意しております。(別途費用となります。)


PAGE TOP