目尻目頭切開手術のダウンタイムってどのくらい?

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 目尻目頭切開手術のダウンタイムってどのくらい?

目尻目頭切開手術のダウンタイムってどのくらい?

そもそもダウンタイムって何?

目を大きく見えるようにしたいのであれば、目尻目頭切開手術が最適とは言われているので施術を受けたい!と思っていても「ダウンタイム」にどの位の時間が必要なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

医療美容関係の施術ではよく登場する「ダウンタイム」という言葉ですが、施術を行なったことによって、少なからず身体に負担をかけることになってしまいます。その結果として術後に腫れや、痛み、内出血などが現れてしまうことになります。そうした状態が収まって普段の生活を送ることが出来るようになるために必要な時間になります。

ドクターによると、このダウンタイム期間は身体を回復させるための休息時間であると共に、受けた施術の仕上がり具合を決めるための重要な時期になるとのことです。

目尻目頭切開手術のダウンタイムはどのくらい?

それでは、目尻目頭切開手術を行なった場合、実際に必要なダウンタイムとしてどの位の期間が必要なのでしょうか?

それぞれの症状が治まるのに必要な期間をドクターに教えてもらいましたのでお教えします。

腫れや内出血が治まるのにおよそ1週間〜2週間は必要になります。傷跡については1週間ほど赤みが出てしまいますが、傷跡はほとんど残りません。

施術後1週間ほどで抜糸を行なうことになります。ダウンタイム期間中は週に1回ほどのペースで術後観察のために通院が必要になります。

洗顔は翌日から可能になります。シャワー施術を行なった当日でも可能ですが、入浴に関しては抜糸を行なった翌日からになります。メイクは抜糸翌日から可能になります。

完全に落ち着いた状態になるのには3ヶ月〜6ヶ月を目安としておいた方が良いでしょう。

【腫れ・内出血】

術後の大きな腫れや内出血は1週間程度でほとんどが引くと言われています。その後はむくんでいるような状態が続き、完全に自然な状態になるまでには早い人で1ヶ月程度、通常では3〜6ヵ月が目安です。

二重整形をしたことを他の人にばれないために、、

整形を行なったことは出来れば他の人にばれたくないと思っている人も多いのではないでしょうか?

ドクターによりますと、目尻目頭切開は目を大きく見せる作用がとても高いため、気づかれてしまう可能性がありますので、特徴をよく理解した上で担当医師と相談することで気づかれにくくすることは可能になります。

目頭の部分を見た時に、ピンク色の粘膜が大きく露出してしまうと目頭切開を行なったと思われてしまう可能性がありますので、この部分の露出を控え目にすることでより自然な感じになります。

また、顔立ちが美しく見える黄金比率は、目と目の間が1対1対1と言われていますので、この黄金比率に近づける施術にすることも重要になって来ます。

他の人に気づかれることなく施術を行いたいと思っている方は、カウンセリングの時にその旨を担当医師にキチンと伝えることが重要になって来るとのことです。

心斎橋で目尻目頭切開手術ならフレイヤビューティークリニックへ

パッチリした目にしたいと思っている方にとって、目尻目頭切開は大変効果の高い施術ですので、気になっている方は、まずはフレイヤビューティークリニックの無料カウンセリングを受けてみて下さい。当クリニックの無料カウンセリングはじっくりと時間をかけてお一人お一人のご希望やお悩みなどに向き合って行きます。施術に関する不安や疑問についても解消することが出来るように誠意をもってお答えさせて頂きます。

そして、あなたのご希望やご要望にお応えするために、これまでの実績や実例をもとにベストを尽くしてサポートさせて頂くことが出来る最善のプランを提示させて頂きます。

心斎橋から徒歩5分という大変便利な場所になりますので、ショッピングついでや、お仕事帰りにどうぞお気軽にお立ち寄りください。

あなたが新しい扉を開けるお手伝いをフレイヤビューティークリニックにさせて下さい。


PAGE TOP