埋没法のダウンタイムってどのくらい?

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 埋没法のダウンタイムってどのくらい?

埋没法のダウンタイムってどのくらい?

そもそもダウンタイムって何?

プチ整形や美容整形などについて調べると必ず目にしたり耳にしたりすることのある言葉に「ダウンタイム」という言葉がありますので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ドクターに詳しく教えてもらうことにしましょう。

プチ整形や美容整形を行なうときには、麻酔を使ったり、メスを使ったり、医療用糸で縫い合わせたりします。麻酔を使うことで腫れが起こったり、注射などの針を刺すことで内出血が起こったり、メスを使って切開することで傷の痛みが発生したりするようになるのだそうです。

こうした施術後や手術後に起こってしまう様々な症状が静まって腫れや痛みなどから解放されて、普段の生活に戻れるようになるために必要な休息時間がダウンタイムということになるそうです。

人によって治癒力に違いがあるため、ダウンタイムに必要な期間は人によって差が出てくるそうです。これって、治癒力を高めておけば、ダウンタイムを短くすることが期待出来るということになりそうですよね。

埋没法のダウンタイムはどのくらい?

それでは、埋没法を行なった際に予想されるダウンタイムはどの位なのでしょうか?メスを使ったりしない方法ですので、ダウンタイムは短いことは予想出来ますが、どの位の期間を想定しておけばよいのかドクターに確認してみました。

埋没法は希望する二重のラインを作るために数ヶ所医療用の髪の毛よりも細い糸などで内側を数ヶ所留める方法ですので、身体に優しい方法と言えます。

けれども、局所麻酔は必ず使うことになりますし、皮膚を内側から留めるための皮膚を縫い合わせることになりますので、刺激が与えられることになります。

そのため、腫れ、内出血、痛みが発生することが予想されるそうです。ただ、ダウンタイムはメスを使ったものに比べてはるかに短く1週間〜2週間で完全に落ち着くそうです。この期間だけ聞くと長く感じてしまう方もいるかも知れませんが、施術後3日を経過するとお化粧をすることが可能ですので、ほとんどの方が化粧をすることで気にならない状態になるそうです。

二重整形をしたことを他の人にばれないために

二重整形をしたいけれども、他の人にばれないか不安でなかなか踏み切れない…そんな方も多いのではないでしょうか?

出来れば誰にも知られずに二重整形を行ないたい!そう思っている方にばれない方法をコッソリお教えします。

やはり、ある日突然パッチリ二重になってしまっていたら、周りの誰もがもしかして整形した?と思ってしまうかも知れません。けれども、二重整形をする前にアイプチなどを使って二重にしていることをアピールしておけば、怪しまれる確率はグンと低くなります。

ですが、中にはアイプチが肌に合わない方もいるかもしれません。そういう方は、施術前にアイメイクで目ヂカラをアップしておきましょう。そうしておくことで、二重整形に気づかれにくくなります。

そして、二重整形をお願いするクリニックを選ぶことも重要なポイントになって来ます。術後の腫れや内出血や痛みなどを軽減する工夫を行なっているところであればダウンタイムが短くて済みますので、二重整形による腫れなどを他の人に気づかれる可能性が少なくなります。

心斎橋で二重手術埋没法ならフレイヤビューティークリニックへ

大阪近郊にお住まいで他人に気づかれることなく埋没法で二重にしたい方は、是非、フレイヤビューティークリニックにご相談下さい。

埋没法は糸の結び方で施術の成否が分かれる方法なのだそうです。フレイヤビューティークリニックでは、これまで多くの施術実績があります。そして、ご予算とご希望に合わせていくつかの埋没法をご用意していますので、あなたのなりたい!を実現するお手伝いをさせて頂けるものと自負しています。

心斎橋から徒歩5分のフレイヤビューティークリニックの無料カウンセリングにご予約の上、どうぞお気軽にご相談下さい。


PAGE TOP