埋没法とれたかも?と思った時に確認すべきこと

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 埋没法とれたかも?と思った時に確認すべきこと

埋没法とれたかも?と思った時に確認すべきこと

埋没法がとれたらどうなる?

二重のプチ整形として手軽に行なうことが出来て身体への負担が少ない施術として人気が高い埋没法ですが、その施術方法が医療用の糸で留めているという方法なため、糸が取れてしまったときにどうなってしまうのか心配な方もいるのではないでしょうか?

ドクターに教えてもらいましたので、お伝えすることにします。

やはり、埋没法がとれてしまったら、糸はそのまま皮膚内部に残ったままになってしまうそうです。けれども、埋没法に使われている糸は医療用の糸ですので、そのまま皮膚内部に残ったままにしておいても健康上の問題が発生してしまうことはまずありませんが、気になる場合は、抜糸の施術を行なうことが可能だそうです。

二重のラインが薄くなってきたらとれるかも?

埋没法を行なってから二重のラインが薄くなり始めて来たら、とれてしまうのではないか気になりますよね?

ドクターに確認してみましたが、やはり、二重のラインが薄くなり始めて来たら、埋没法がとれてしまう兆候になるそうです。埋没法はどの位の期間持続するかは、その人の元のまぶたの状態に大きく左右されてしまい、まぶたが厚い人ほどもちが悪く、まぶたが薄い人ほどもちが良い傾向が強いとのことです。平均すると3〜5年と言われていますが、長い方は10年以上キープしている方もいるそうです。

埋没法は半永久的な方法ではありませんので、二重のラインが薄くなってきたり、二重のラインが安定しなくなったりしてきたらメンテナンスの時期と思っていた方が良いそうです。

埋没法が取れたら再手術が必要

埋没法が取れてしまった場合、二重のラインをキープしたいと思っている場合は再手術を受ける必要があります。

ドクターに確認したところによりますと、埋没法の再手術を行なう時に、2回目の場合はまぶたに残っている糸をそのままにして再手術を行なっても問題はないそうですが、3回目以降の場合は、抜糸をしてから行なった方が良いとのことです。

髪の毛のよりも細い医療用の糸ですが、まぶたの皮膚はとても薄いため、透けて糸が固まりのように見えてしまったり、綺麗な二重を作れなくなってしまったりする可能性があるからだそうです。

再手術を受ける時の注意点

埋没法の再手術を受ける時の注意点についてドクターに教えてもらいました。次のような点に注意すると良いそうです。

埋没法を行なってからどの位の期間持続したか確認しておきましょう。通常の持続期間は3〜5年と言われていますので、それより短い場合は、施術技術の問題が考えられますので、同じクリニックで再手術を受けてもすぐにとれてしまうリスクが高くなりますので、他の信頼出来るクリニックで再手術を受けられることをおすすめします。

また、再手術を受ける時には、まぶたに残っている糸の処理をどうするか決めておくようにしましょう。抜糸について相談対応することが出来るクリニックを選ぶのがベターです。埋没法はとれるときが必ずくる方法ですので、次にとれたときにどうするかについての相談も合わせて行なうことが出来るクリニックを選んでおくことで長期的な計画を立てることが可能になります。

心斎橋で埋没法ならフレイヤビューティークリニックへ

二重の埋没法の再手術も、フレイヤビューティークリニックにお任せ頂ければ、その仕上がりにきっとご満足頂けることでしょう。

当クリニックでは、多くの実績を積んできたことによって埋没法で独自の糸の結び方を行なうことで、より自然で美しい二重のラインを形成し、より長い持続時間を保つことが期待出来ます。

フレイヤビューティークリニックで行なっている二重の埋没法はダウンタイムも短いため、長期間仕事を休んだりすることが難しい方にも安心して受けて頂くことが可能です。

カウンセリングは無料で行なっておりますので、アクセスも心斎橋から徒歩5分という便利な場所ですので、是非、お仕事帰りやお出かけついでにお気軽にお立ち寄りください。


PAGE TOP