二重整形でまぶたは腫れる?腫れる期間は?

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 二重整形でまぶたは腫れる?腫れる期間は?

二重整形でまぶたは腫れる?腫れる期間は?

二重整形をするとまぶたは腫れてしまう?

二重整形をすると、どんな方法であっても多少のまぶたの腫れは避けられないものです。できれば腫れている状態は周囲の人々には見られたくないですが、腫れの度合いに差はあっても、全く影響がないといえる施術は今のところありません。
他の整形と同様に二重整形にも術後にはダウンタイムという期間があります。施術方法によってその期間はまちまちですし、腫れの度合いに個人差もありますからはっきり何日間と決めることはできませんが、それでも二重整形なら長ければ数週間ほどのダウンタイムが必要になります。二重整形後の目元の腫れはもちろんいつかは落ち着くものではありますが、術後の状態については了解した上で二重整形をする必要があります。
ただ、施術の方法によって腫れ具合には違いがあります。できるだけまぶたが腫れないようにしたい場合、施術後まぶたが腫れにくく、腫れる期間が短い方法を選ぶのがおすすめです。

選択する施術方法によって、腫れづらい・腫れる期間が短いものもあります。

二重整形には様々な方法がありますが、シンプルに分けると切開法と埋没法のふたつに大別されます。その中でさらに細かく施術方法の違いがありますが、二重整形をするならこの2種類のうちのどちらかを行うことになります。
切開法と埋没法、どちらにもそれぞれのメリット・デメリットがありますが、まぶたの腫れに関して言えば埋没法の方が比較的腫れにくい施術方法です。
切開法は、まぶたの皮膚をメスで切って二重のラインを作り、皮下脂肪や筋肉などの組織も処理してはっきりとした二重を作る二重整形の施術です。二重が半永久的に持続すること、まぶたが厚い人でもしっかり二重が作れることなどメリットも多いですが、まぶたをメスで切開して二重を作るためどうしても施術後のまぶたは腫れてしまいます。個人差もありますが、大抵の場合1週間から2週間ほどは腫れが目立つ状態が続くとされています。
もう一方の埋没法は、まぶたを実際に切開して二重を作る切開法とは違ってまぶたそのものに目立った傷をつけることがない施術方法です。
埋没法では、医療用のとても細い糸をまぶたに留めて埋め込み、二重を作ります。糸を埋めるから埋没法と呼ばれているんですね。
もちろん埋没法でも施術直後は多少まぶたは腫れてしまうのですが、切開法と比べると腫れにくい施術方法です。まぶたを切らない分皮膚組織への負担が少なく、腫れもわずかで済むのです。
また、埋没法の中でも特に腫れにくい施術方法もあります。まぶたの表面に針を通さないでできる埋没法で、こういったタイプの施術ならさらに腫れの度合いや腫れが続く期間は短くすることができます。一般的な埋没法でも施術後のダウンタイムは数日ほどですが、こういったまぶたの腫れにくい埋没法ならその日のうちに腫れが引いてしまうこともあるそう。半日程度で目立たなくなり、そうなればお化粧もして良いので周囲の目を誤魔化すのも簡単です。

二重手術埋没法とは?

先ほど施術後まぶたが腫れにくい方法としてご紹介した二重手術埋没法について、より詳しくみていきましょう。
埋没法は、メスで皮膚を切開することなく二重のラインを作る二重整形の方法です。切開法ではメスで二重のラインを切開しますが、埋没法では医療用のごくごく細い糸を使い、希望する二重のラインに沿って糸を通します。まぶたとまぶたを動かす筋肉や周辺の皮膚を糸で結び、まぶたに二重ラインの自然なくぼみを作るのです。
「プチ整形」とも呼ばれる埋没法では、皮膚を切開しないことから施術にかかる時間がとても短く、数十分程度の施術で処置が完了します。手術のために一日空ける必要もない手軽さのためか、埋没法を選ぶ女性はとても多いです。
切ったり縫ったりといった手順がないため施術時の痛みもあまりない他、施術後の腫れなどについても症状が軽いケースがほとんどなのも特徴です。もちろん個人差はありますが目立った腫れは数日から一週間ほどで引くことが多い上、施術から一週間経っていればメイクすることも可能なので、腫れを誤魔化しやすいのも嬉しいポイントです。ダウンタイムに合わせて長期間のお休みが取れればいいですが、どうしてもお仕事が休めないということもありますよね。そんな方でも、埋没法なら安心して施術を受けられます。
医療用の糸をまぶたに埋め込んで二重を作る埋没法ですが、その中でも治療法にいくつかの種類があります。
クリニックのホームページなどを見るとよく「1点留め」「2点留め」と呼ばれていますが、これは糸をまぶたに埋め込む際の結び目の数からきている呼び方です。結び目が多いほどしっかり糸が留められるので、より二重のラインを維持しやすくなるのです。
元々二重のラインがある方なら1点留めでも充分なケースが多いですが、元々一重の方であればやはり2点留めや3点留め以上の施術がおすすめです。埋没法は切開法と比べ二重の維持がしにくく、糸も取れてしまう可能性がありますが、このように何箇所かに分けてしっかり糸を止めればそのリスクも減ります。さらに二重を支える力そのものも強くなり、綺麗な二重ラインを維持しやすくなるんです。
また、整形したことがわかりにくい自然な二重を作れるのも埋没法の特徴です。元々のまぶたや目元の形、本来の二重ラインなどに合わせて新しく作る二重のラインを決めることができるので、生まれもった二重のような自然なラインを作ることが可能なのです。切開法はむしろぱっちりとした幅広の二重を作ることに向いていますので、ナチュラルな二重が理想だという方にも埋没法はぴったりです。
施術後の腫れにくさに加え、数々のメリットも持っている埋没法。二重整形を考えている方にはぜひ検討していただきたい施術です。

腫れにくい二重手術を大阪で行いたいかたはフレイヤビューティークリニックへ

比較的施術後もまぶたが腫れにくい埋没法ですが、術後の腫れなどの症状を抑えるにはしっかりした技術を持っているクリニックと医師に依頼することが大切です。
大阪で二重整形をお考えの方は、フレイヤビューティークリニックにお越し下さい。当院では、埋没法の実績が豊富な医師が丁寧なカウンセリングを行った上で施術を行っております。大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分という立地のため、お気軽にお越しいただけます。
また当院では、埋没法の中でも様々なプランが用意されており、18,000円から施術を受けること可能です。自身の希望や医師とのカウンセリングを経て、本当に自分のまぶたや日々のライフスタイルに合っている施術を選び、理想の二重を手に入れてください。

二重手術について詳しくはこちら


PAGE TOP