二重手術を失敗しないためのポイント

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 二重手術を失敗しないためのポイント

二重手術を失敗しないためのポイント

二重整形・二重手術を検討中の方へ

二重整形は、整形手術の中では比較的簡単なものというイメージが強いように感じます。それに加えて目元でお顔全体の印象ががらりと変わることもあり、ですがそれでも手術は手術ですし、二重に整形したいけれど不安を感じるという方も多いはずです。自分の理想とする二重の形になるのかどうか、失敗せず綺麗な二重を作れるのかどうか……二重手術に関する悩みや不安は尽きませんよね。
当然といえば当然ですが、二重手術が失敗してしまう可能性を減らすために一番大切なのはもちろんクリニック選びです。どうやって信頼できるクリニックを選べば良いか、その他に気をつけるべきポイントは何かをまとめてみました。

ポイント1:実績のある医師に依頼しましょう。

どんな手術であっても大事なポイントですが、医師を選ぶ際には必ずちゃんとした実績を持っている人を探すようにしましょう。
病院や医師の方でも患者さんが実績を重要視していることはよくわかっていますので、気になることについては質問すればきちんと答えてくれるはずです。カウンセリングの際に確かめておきたいことについても質問してみるのがおすすめです。
整形手術を行う上で大事なのは、美容外科で最低でも1年以上勤めている医師を選ぶということです。さらに絞って今回ご紹介する二重手術を依頼する場合、美容外科での勤務経験に加えて同じような方法での手術をどれくらい経験してきているか、ということです。例えば埋没法に関しては、50件から100件ほどの手術を経験していないと糸の結び方の調節が上手くならないのだそう。もちろん個人差もありますので一概には言えませんが、どちらにせよある程度以上の回数手術を経験している医師を選ぶのが無難です。
気をつけたいのは、手術の経験が多ければ多いほど必ず良い医師である、というわけでもないことです。もちろん実績が多いのは良いことなのですが、一定数以上の手術経験があれば、その点においては充分信頼できると判断できます。その基準を余裕を持ってクリアしていたら、後は自分との相性を意識してみましょう。充分な経験と実績を持っている医師同士を比較する際には、カウンセリングなどを通じて感じた自分との相性を参考にしてみてくださいね。

ポイント2:カウンセリングをしっかり行いましょう

実績があり安心して手術を任せられる実力のある医師に依頼できたとしても、それだけでは自分自身の目指す理想的な二重を手に入れるための充分な準備ができている状態とはいえません。二重手術に失敗せず、理想的な二重を手に入れるために重要なポイントのひとつが、医師としっかりカウンセリングを行うことです。
二重手術に失敗した方が一番気にしているのは、「理想の二重とは違う形になってしまった」ということ。たとえ術後の状態はよくても、理想的な目元を手に入れるための手術で理想通りにならなければ意味がありませんよね。
イメージ通りの二重にならない原因として考えられるのが、医師の技術力が足りていないということ、そして自身の希望する二重のラインが正しく医師に伝わっていなかったということです。このどちらかが原因となり、二重整形に失敗してしまうケースはとても多いのです。
医師の選び方については先程ご紹介しましたが、確かな技術を持っている医師に依頼したとしても希望が正しく伝わっていなければやはりイメージ通りの二重は完成しません。医師にはっきりと自身の希望する二重の形を伝えるには、丁寧なカウンセリングが必要不可欠です。
といっても、二重の形を口頭で説明するのはなかなか難しいものがありますよね。医師の方でも理解しきれない部分があるかもしれません。
理想とする具体的な形がある場合には、例えば女優さんやモデルさんなど、理想的な二重を持っている方のお写真を用意するのもおすすめです。口で説明するよりもずっとシンプルかつわかりやすく希望を伝えることができますので、医師との齟齬を気にせず二重手術に臨めます。

ポイント3:普段の生活を考慮にいれたスケジューリングをしましょう。

整形手術には、ダウンタイムというものがあります。
これは手術をした後、腫れなどの症状が出てきてしまう期間のことです。このダウンタイムの間に徐々に症状は治まっていき、最終的には整形手術によって手に入れた理想的な姿に落ち着きます。
他の整形手術と比べると比較的簡単な方法で行われる二重整形ですが、それでも一定のダウンタイムは必要になります。埋没法であれば3日、切開法であれば1週間から2週間ほどのダウンタイムがあるのです。手術当日や前後日を空けておくだけではなく、このダウンタイムについても考えた上でスケジュールを組まなければいけません。
二重手術のダウンタイム中はどうしても目元が腫れてしまいますので、手術をしたことを職場の同僚や友人など周囲の人に知られたくない場合には事前に休みを確保しておく必要があります。ダウンタイムが具体的にどのくらいの期間になるか、細かい数字は人それぞれですので、手術を受ける当日からある程度余裕を持って休めるようスケジューリングしておきましょう。
埋没法の場合は施術した翌日からメイクをすることも可能なので、多少の腫れならメイクでごまかすこともできます。腫れが目立たなくなるようなメイクや眼鏡などを駆使すれば、ダウンタイム中であることをあまり意識せずに生活できるでしょう。ですが切開法の場合は長ければ2週間ほどのダウンタイムが必要になりますので、こちらの方法で手術をする場合には普段の生活を考慮し、仕事などとも折り合いをつけられるスケジューリングが重要です。

ポイント4:定期的に検診出来る医院に依頼しましょう

軽視する方も残念ながら多いのですが、術後の定期検診はとても大切です。自分自身では違和感を感じていなくても、二重をより理想的な状態で保つためには定期的に検診を受けることが重要です。二重手術を受けるクリニックを選ぶ際には、術後の定期検診があるかどうかをチェックしておきましょう。実は、クリニックによっては定期検診を行っていないところもよくあるのです。
特に埋没法は比較的簡単な手術だからか定期検診を行わないクリニックが多い傾向にあります。事前のカウンセリングでしっかり確認しておくのがおすすめです。

二重整形・二重手術を大阪でご検討の方はフレイヤビューティークリニックへ

これまでまとめてきたように、二重手術を失敗しないためには、実績のある医師へ依頼すること、カウンセリングをしっかり行うこと、きちんとスケジューリングすること、定期検診ができるクリニックを選ぶことが大切です。当院、フレイヤビューティークリニックではこういった条件をクリアしておりますので、安心です。
事前のカウンセリングはもちろんアフターケアまでしっかりと行います。心斎橋・なんば駅から徒歩5分という好立地。通いやすいので定期検診の際も安心していただけます。大阪で二重手術を受けたいとお考えの方には、ぜひフレイヤビューティークリニックへお越しください。

二重整形手術について詳しくはこちら


PAGE TOP