二重手術埋没法とは?

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 二重手術埋没法とは?

二重手術埋没法とは?

埋没法のメリット

二重整形の中でも、特に手軽で人気の高い埋没法。施術が比較的簡単で時間もコストもかからないことから、埋没法を受けたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
埋没法とは、医療用の糸で理想の二重ライン上に線を引いてまぶたを留め、二重を作り出すという施術です。プチ整形と呼ばれる手軽さで人気を集めています。
主なメリットとして挙げられるのが、15分程度というとても短い時間で施術ができるということ。一般的に整形手術を受ける際にはしっかり準備をして時間を確保する必要がありますが、埋没法なら予約さえ取れれば仕事が終わった後や休日のわずかな時間など、日常生活の中で簡単に施術するタイミングを見つけることができます。思い立ったらすぐにトライできる、という手軽さが魅力のひとつなんですね。
その他にも、施術後のダウンタイムが短いこと、切開法で二重整形をするよりも施術後の腫れが少ないことも大きなメリットです。二重整形に限らず整形手術には必ずダウンタイムがありますが、埋没法は1週間から2週間ほどというダウンタイムの短さ。もちろん個人差はありますが、切開法と比べるとずっと短く済みます。腫れもその程度の期間で完全に引くので、すぐに二重整形の効果を感じられるはずです。
また、万が一修正が必要になった場合でも、抜糸すれば元に戻るというのもメリットのひとつですね。自分の気に入る二重の形にならなかったとき、後々別の形にしたくなったときなど、簡単にリセットできるのは切開法にはない大きな強みです。

埋没法のデメリット

メリットも多い二重埋没法ですが、もちろんデメリットもあります。
一番のデメリットは、二重のラインは糸で支えてられているものなので、何かあれば二重のラインが崩れ、元の一重に戻ってしまう可能性があるということです。極端な例ではありますが、目元を強くこすったりするだけでも糸を留めている部分の結び目がほつれてしまった結果糸でまぶたを支えきれなくなり、二重が取れてしまうこともあるのです。日常の中の些細な刺激でも糸が切れたりほつれたりして二重が取れるリスクがあるというのは念頭に置いておく必要がありますね。
また、まぶたの形や厚みによっては元々埋没法が適していないこともあります。そういったまぶたについても、やはり糸では二重のラインを支えきれず、徐々に薄くなってしまいがちです。埋没法を受けたいと思っていてもまぶたが合っていないためにできない可能性がある、というのは無視できないデメリットですよね。まぶたへの負担も少なく時間やコストもかからない埋没法を希望される方は多いですが、「まぶたが埋没法に適応しているか」がとても重要なポイントなのです。

埋没法は目を開く手術

そもそも埋没法とはどんな施術かというと、簡単に言えば「目を今以上に開く手術」です。まぶたを支える筋肉や組織に糸を通し、目を開ける力をより強くして二重を作るというわけです。
埋没法には、瞼板法と呼ばれる術式と完全埋没法と呼ばれる術式があります。どちらも目を開く力を糸で強めて支えることには変わりありませんが、糸を留める場所が少し違います。瞼板法では瞼板という眉毛の生え際にある組織とまぶたの皮膚を直接結びますが、完全埋没法では目を開けるために使われているまぶた周辺の筋肉に糸を通して結びます。完全埋没法では糸が筋肉を通りまぶたのなかに埋没しますので、施術後の違和感や腫れが少ないことが特徴です。できるだけダウンタイムを短くしたい、腫れを避けたいという方には完全埋没法が向いているといえますね。

埋没法の適応とは?

先ほど埋没法について「目を開く手術」とご説明しましたが、それは二重を作るための条件でもあります。
二重になるためには、目を開ける力とまぶたの皮膚の厚みが大きく関わっています。目を開ける力が弱ければ当然ぱっちりとした二重にはなりませんし、まぶたの皮膚が厚ければぽってりとした一重まぶたになり、目をしっかり開けても二重ラインがあらわれにくくなります。
埋没法の適応があるかどうかも、このふたつのポイントに左右されています。埋没法はあくまで目を開ける力を補助するための施術なので、元々ある程度の目を開ける力が備わっていないとあまり効果を発揮できません。その場合には、まぶたの皮膚を一部切除して目を開きやすくする切開法の施術が必要になることが多いです。
また、まぶたが厚い場合も同様です。糸で二重のラインを作り支える埋没法では、厚すぎるまぶたは支えきれないのです。まぶたが厚い場合にも切開法で余分な脂肪を処理するなどの施術が必要になるケースがほとんどです。
目を開ける力が弱い、まぶたが厚いなど、埋没法に適応していない方にも埋没法を行うことはもちろん可能ではあるのですが、期待するような効果はあらわれにくく、希望したような二重幅を手に入れることは難しいでしょう。ですが、そんな方でもある程度の効果が期待できるような施術方法もあるのです。

適応を広げるために何が出来る?

まぶたが一定以上に薄いこと、元々一定以上の目を開ける力を持っていることが埋没法を受ける上で必要な適応ですが、高い技術と効果的な術式を用いれば、本来埋没法の適応外であるまぶたをお持ちの方でも埋没法である程度の効果を得ることも可能です。
例えば、糸を留める数を増やせばそれだけ適応を広げることができます。
多くのクリニックでは、埋没法の術式プランとして「1点留め」「2点留め」というように糸を留める数が違うものを用意しています。糸を留める箇所が増えればそれだけまぶたを支え開ける力も強くなるので、基本的な埋没法が適応していない方であっても理想的な二重のラインを作ることが可能になります。埋没法には適応していないけれど切開法には抵抗があるという方にはぜひおすすめしたい術式です。
ただ、この術式を成功させるには医師との綿密なカウンセリングと意思疎通が必要不可欠です。まぶたの状態を事前にしっかり判断し、それに合わせた術式を行う必要があるためです。埋没法に限ったことではありませんが、高い技術を持った医師を選ぶこと、そしてその医師と丁寧にカウンセリングを行うことが大切です。

大阪で埋没法を検討されている方は、フレイヤビューティークリニックへ

埋没法は手軽なプチ整形ではありますが、それでも理想の二重を手に入れるためにはしっかりしたクリニック選びが欠かせません。
大阪で二重埋没法を検討されている方には、フレイヤビューティークリニックにお越し下さい。フレイヤビューティークリニックでは、豊富な埋没法の実績を持つ医師が、患者様が納得いくまでしっかりカウンセリングをした上で施術を行っております。本来埋没法に適応しないまぶたをお持ちの方も、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。


PAGE TOP