脂肪吸引の失敗パターンから失敗しない方法を知ろう!

06-6211-9012

10:00〜19:00(水曜日定休)
大阪心斎橋・なんば駅から徒歩5分

ホーム > 脂肪吸引の失敗パターンから失敗しない方法を知ろう!

脂肪吸引の失敗パターンから失敗しない方法を知ろう!

脂肪吸引の失敗例で多くあるもの!

手軽に痩せて綺麗なボディーラインを手に入れられる脂肪吸引。ですが、残念ながら失敗してしまうケース、思った通りの効果を実感できないケースもあります。
脂肪吸引手術の失敗例として多いのが、

1. 皮膚が垂れてしまいボディーラインがかえって崩れる
2. バランスが不自然になる
3. 皮膚がたるむ
4. 肌が凸凹になる
5. 見た目が細くなっていない

この5つです。
色々なミスが原因で起こる失敗ですが、どれも脂肪の量ばかりを見ていてボディーラインのデザインについてはしっかり考えられていない施術が原因となっています。
例えば、太ももの脂肪にはお尻を支え、立体的でハリと丸みがある綺麗なフォルムを作るという役割があります。それを無視して太ももの太さだけを意識して脂肪を取りすぎてしまうと、お尻の女性らしい綺麗なフォルムが失われてしまい、皮膚が垂れてかえってボディーラインが崩れてしまうんです。
全体のバランスが不自然になってしまうのも、むやみに脂肪を吸引してしまうのが原因です。人の体には脂肪を吸引しやすい箇所と比較的吸引しにくい箇所があるのですが、ボディーラインの見た目を考えずにできるだけ多くの脂肪を吸引しようとすると、当然吸引しやすい箇所の脂肪ばかりが減ってしまうため、バランスが崩れて不自然なボディーラインとなってしまいます。
また、肌質や皮下脂肪の付き方といった個人差を考慮せずに脂肪を吸引してしまうと、皮膚に近い層から脂肪を取りすぎて皮膚がたるんでしまいます。これはお腹に多い失敗ですが、雑な施術の結果こういった仕上がりになってしまうようです。肌が凸凹になってしまうのも、ムラのある脂肪吸引しかできない医師の技術不足や使用している機材の質の悪さに起因しています。

ダウンタイムに気をつけて!

ここまでは、医師の技術やボディーラインのデザイニングの悪さなど、施術の内容が原因で起こる脂肪吸引の失敗についてご紹介しました。ですが、脂肪吸引後に綺麗なボディーラインを手に入れるためには、ダウンタイム中にもしっかりケアすることが大切です。
脂肪吸引の直後は、どうしても皮膚と皮下組織が上手く馴染んでいない状態になります。どんなに高い技術を持つ医師が施術したとしてもそこは変わりません。重要なのは、組織がなじみ、ボディーラインが安定するまでにしっかり圧迫して理想のボディーラインを体に覚えさせることです。
そのために、フレイヤビューティークリニックでは施術後ガードルやコルセット、弾性ストッキングなどの着用をお願いしています。またご自宅でできるマッサージの指導もしている他、3ヶ月ごとの定期検診も行っています。
脂肪吸引の施術自体が上手くいっていても、ダウンタイム中のケアをするか否かで仕上がりは大きく変わってきます。綺麗なボディーラインを手に入れるためにも、施術後のケアもしっかり頑張りましょう!

脂肪吸引で失敗しないためには医師選びが重要です!

施術後、ダウンタイム中のケアも大切だとお話しましたが、当然ながら脂肪吸引手術そのものの成功・失敗は医師の技術によって左右されることになります。
脂肪吸引によって綺麗なボディーラインを手に入れられるかどうかは、医師選びの時点で決まると言っても過言ではありません。脂肪吸引手術を受けると決めたら、まずは確かな技術を持った医師を探しましょう。

フレイヤビューティークリニックなら脂肪吸引の実績豊富。安心してご来院下さい。

脂肪吸引の実績の豊富な院長が行いますので安心して受けておただけます。確かな技術と経験に基づいたデザイニングで、皆様が理想のボディーラインを手に入れられるようお手伝いさせていただいております。
医師選びによっては失敗してしまうこともある脂肪吸引ですが、フレイヤビューティークリニックなら確実に部分痩せをサポート。ただ脂肪を減らして痩せるだけではなく、美しく女性らしいボディーラインを作ることを重要視し、脂肪吸引したからこその理想的なスタイルを目指しています。
脂肪吸引をしてみたいけれど失敗しない医師選びに迷っているという方は、ぜひフレイヤビューティークリニックへご相談ください!


PAGE TOP